”染め”のお話♪ 

2013, 02. 25 (Mon) 17:12

少しずつ日差しに春色が感じられるようになってきましたね♪
この時期は、花粉や気温の上下で、とっても体調を崩しやすく大変ですが
春らしい明るい色も、街のあちこちに見られるようになりワクワクします♡

お衣裳も作品によっていろいろなイメージがあって、同じ演目のお衣裳でもデザインによって色も様々ですね  

そこで今回は、少しクラシックチュチュのボン(スカート)のグラデーション染めのお話を♡♡♡

あ、、、お衣裳を作られる方にとっては、いつもされていることなので珍しくないと思いますが、「
私はこんな風にやってるよ(#^∇^#)」という事があったら、ぜひぜひアドバイスをお願いします(^_-)-☆!

ただ、すべてのチュチュがグラデーション染めかというと、そうではなくで、、、
例えば、ボンの部分に濃い色を用いたい場合、既成の色チュールを使用した方が、色も鮮やかで濃く、色落ちすることも無いので安心です
ちなみに黒鳥だと黒のチュール、キトリだと赤のチュールを使いますね。
また、基本的に濃いブルーにしたい場合でも、間に赤やピンクのチュールを少しずつ差し込んで微妙なニュアンスを出したりします
または、真っ白のチュールに乗せた方がデザインが引き立つ場合もありますよね(^^♪


でも、淡い色合いやグラデーションにしたい場合は。。。やはり面倒でも染めるしかありまん(-0-;)y-゜゜゜。

使用するチュールは、基本的には30番と50番チュール。
7段チュチュの場合、各段にどちらのチュールを使用するか、各段を何センチにするか。。。。
大枠はあるものの、これは、必要に応じてアレンジしてます♪

全体量として30番を多く使用するとやわらかく軽いチュチになりますが、ピンと張った感じにし辛い
逆に、上掛け(チュチュの上にかけられた飾りの付いた布)が大きく重く、それでもピンと円盤状に張らせたい場合は少し50番チュールが多めになるよう組み合わせます♪(70番を入れる時もあります

でもやはり基本的には30番と50番とが半々になるよう組み合わせるのが一番バランスよい感じになりますかね~(^_-)-☆

使用する染粉は手芸店でメジャーな「みや六染のECO染料」コールダイホット(またはオール)」(オールの方が低温で染まるので、チュールなど高温にしにくく染まりにくい素材ではよく染まります♪)

 ☆まず、温度が高く液が濃い状態で⑦段目(いちばん短いチュール)を染めます。
 ☆次に①段目(一番上になる、長いチュール)の根元から途中までを染めます。
 (この時に、濃く染めたい根元の部分と、白く薄く染めたい先の部分とが線上にくっきりわかれてしまわないよう、状態を見ながら徐々に薄くなるよう染めます♪)
 ☆あとは、6段目から順に、5、4、3、2段目と染めていきます。
 1段目以外はチュール全体を染め、7段目から2段目まで徐々に薄くなるよう染めます。
(濃さは、温度や染料の投入量によって調節します。2、3段目は薄めになるよう調整しておいた方が、1段目のグラデーションがはっきり出て綺麗ですよ♪)
 ☆最後に1段目の先の部分を薄く、その色に染めます。(先を真っ白にしたい場合は染めなくて良いです♪)
 ☆パンツ生地はチュールよりもかなり染まりやすいので、3,4段目を染めるくらいの段階で染めると濃く染まり過ぎず、上手くいきます(^_-)-☆

 パンツの股の部分に付ける短いチュールで作ったフリル(←これ、正式名がわからないんですが、どなたか教えてくださ~いっ!)は、最初の一番濃く染まる段階で一緒に染めます!

 色合いなどは、イメージに合うよう、各色を調合して実験しながら決めてます♪
 (ままごとみたいで超楽し!(*≧∇≦*))

 これ、ちょっとあまりに淡いグラデーションなんでわかり辛いかもしれませんが(汗)縮小グラデーション緑表

これを裏から見たところ♪ 縮小グラデーション緑裏 ←これ、エスメラルダ(その1)の土台です♡

ピンク♪ 縮小グラデーションピンク裏 この表はこれ。。。。縮小グラデーションサンプル画像(ct4)
 
こんな風に、布の上掛けを乗せると、せっかくのグラデーションもあまり目立たない(+o+)。。

 パープル♪ 縮小グラデーションサンプル画像(ctpu1) ← 少し控えめの淡いクラデーション

グラデーションが映えるデザイン例ct5front.jpg



デザインによって、グラデーションの具合も淡くていいのか、しっかり入れるのか。。。。
それによってもお衣裳の印象も随分変わってきますよね(^^☆彡



チュニックタイプのジョーゼット生地や、レオタード生地のグラデーション染めなどなど。。。。
まだまだたくさん試行錯誤を重ねて~~イメージに合うお衣裳が作れるようになりたいです♡


お衣裳作られてる方~♪、作られてなくてもいっぱい知識のある方~♪
興味のある方~♪ぜひぜひ情報交換よろしくお願いしま~す♡(^_-)-☆♡


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

kasumi

ありがとうございます!!

なるほど~こうやって染めるんですねv-354
すご~く手間がかかってますね!でもそれがあるからこそあんなにきれいで素敵に仕上がるんですね~
確かにデザインによってはパッと見にはあまりグラデーションが目立たないかもしれませんが、踊ってるときは裏も見えるわけですからその時に絶対にほかの衣装と差がつくはず!!

しかし読んでるだけでもなんて面倒な・・・と思ってしまうものぐさな私(^-^;)
しかも温度や染料の調整とか読めば読むほど大変そう。私のレオタードは1色でいいや。グラデーションなくても大丈夫よね、うん。としか考えられません。
いつかグラデーションのレオタードを作りたい!という野望をかなえるべく、染めについて教えてくれとリクエストをしたものの、私が染めについてsaechannさんと情報交換する日はきっと永遠に来ないに違いありません・・・

2013/02/27 (Wed) 21:19 | kasumi | 編集 | 返信

saechann

こちらこそ♡ ありがとうございます!!

kasumiさ~ん♡遅くなってごめんなさい!
読んで下さって嬉しいです♡
あうぅ、、、説明の仕方が下手でややこしく思えたかも~(-。-)y-゜゜゜

この私にでも出来るんですから、あんな素敵な衣裳をつくられるkasumiさんなら間違いなくすぐに出来るに違いありませんっΣ( ̄∇ ̄))キリっ!!

でも一つ言えることは、染めたものは、既製品に比べてどうしても色落ちしやすいので、ボディのレオタード生地を染めるのは、別の意味で大変な事かもしれませんね((-。-;)y-゜゜゜

v-354チュチュのボディの生地をグラデーション染めしたお衣裳もあるにはあるんですけどね、
私の場合は、今のところデザイン上必要でなかったので、やってみたことないんですぅ。。。
でも、、チュニックタイプの衣裳については、これからどんどん研究して、イメージの色に染められるようになりたいな~♡って思ってます(^_-)-☆

kasumiさんの作られる衣裳はとっても素敵なので、もしデザイン上どうしても必要な時が来たら、ぜひぜひ”染め””グラデーション”を試してみて下さって、私にもいろいろ教えてくださいな~~~♪♪Σ(^ω^))))

それこそ、首を長~~くして、気長~~に待ってますからぁ。。。(爆)
いつかグラデーションのレオタードを作りたい!という野望をかなえて下さって、ぜひぜひ情報交換しましょっ♡♡(←何年先でも良いですよォ~~(^_-)-☆)
よろしくお願いしまっす♡♡

2013/02/28 (Thu) 01:47 | saechann | 編集 | 返信

maki

画像いりー♪♪
うれしい!!
雰囲気わかりますね♪
ブログアップありがとうございます!
キレイなグラデーションができるまで・・・・
私もがんばります♪
これ終わったら、難題のジョーゼットのグラデーションが待ているー><;
しかも裾に違う色入れなきゃならなくなってしまいました(笑)

2013/03/04 (Mon) 14:05 | maki | 編集 | 返信

saechann

きゃっ(≧∇≦)♪♪
makiさんのグラデーション記事e-420
と~っても楽しみにしてますよぉ♡

わぁe-343ジョーゼットの2色染め~~!!
グラデーション効果の幅もぐっと広がって、もの凄く華やかで豪華になりそう~e-415
こちらも楽しみにしてます!
頑張ってくださいね~♡(^。^)y-.。o○

2013/03/04 (Mon) 14:57 | saechann | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント