FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラスランプ〜灯りに癒されて

ご訪問ありがとうございます。
   

みなさん、就寝前の静かな時間には何をして過ごしますか?

私はお気に入りのランプに灯りをともしてしばらく眺めます。昼間のストレスを少しの時間忘れてリラックスできます。


ステンドグラス風


近頃は、輸入家具や雑貨を扱うお店もずいぶん増えて、ネットでもお気に入り商品を全国どこからでも手に入れることができます。


私はインテリアとしてのランプの中でも、特にステンドグラス風なものが好きなので、デパートや家具屋さんに行くと、ステンドグラス風のランプ類の取り扱いがあるかないか尋ねるようにしています。


レトロな感じに何ともいえない郷愁を感じます。


湯布院 ガラスの森

昨年の夏(2017年6月)のこと。

兼ねてからずっと行きたかったお店に、我が家の老君(ろうくん=我が家の大黒柱)と行ってきました。

 → 湯布院ガラスの森


yuhuin.jpg 


喜喜とした私とは対照的に、我が家の老君は大あくび。
自分に興味がないことには関心を示さないのは私も同じか💧・・・まあ、倦怠期に突入した夫婦にしては、興味のない買い物に付き合ってボーっと待っていてくれるだけでも十分だわね。

テーブルランプとして


店内はガラス細工で埋め尽くされていて、まるで夢の世界でした。


yuhuinlamp.jpg 

(お店の中の商品の写真は撮らなかったので、お店のHPの写真をお借りしました)

散々迷いに迷った挙句、赤色のランタン型テーブルライトに決めました。
お店を訪れた時期は、今ほど暑くない時期だったので、迷わず温かみのある”赤”を選びました。

lampred.jpg 

今なら迷わずブルーを選んでいたな、きっと。

置き場所はここ


そのランプ。

我が家の中心、キッチンカウンターの上に鎮座し、昼間はとても地味な存在です。


lampredday.jpg 

日の入りとともに灯りを灯し、夕食後のくつろぎタイムには、このランプの灯りだけにします。

少し暗めですが、慣れてくるとその方が落ち着きます。


古ランプ


家の中には、他にもこんなランプを置いています。


リビング入口のフロアー

lampyellow.jpg 


TV横

lampblue.jpg 

これらは、昔に住んでいた一軒家で、シーリングライトとして使っていたものです。
今年の5月、家を売却する前に取り外して持って帰り、今はマンションの床に、上下をひっくり返して床に置いています。

これらも昼間は地味〜な感じ。

lampyellowday.jpg lampblueday.jpg


それからもう一つ、20年以上前に、以前住んでいた町の小さなランプショップで老君が買ってきてくれた、手作り感満載のランプ。これも大のお気に入りです。


lampold.jpg 


ん?よく見ると、窓辺でバイオリンを弾いている女の子の手がない。
いつ無くなっちゃったんだろ〜💦
どれもこれも一つ一つにいろんな思い出があって、見ているだけでほっこりします。


追記:
最近になって、湯布院で買ったのと同じランプがネットショップ(楽天市場)で売られているのを発見!湯布院まで行かなくても買えたのね(クスン)・・・次、色違いを買う時はネットで買います。




ちなみに”湯布院ガラスの森”の2Fには”オルゴールの森”(オルゴール専門店)もありますよ。


私たちが行った6月初日、月曜日だったのですが、国内からより海外からの観光客の方が圧倒的に多かったです。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 sae

管理人のsaeです。前回の東京オリンピックの年に生まれました。

家族は老君(夫)1人に2太郎1姫。末娘が成人して家を離れてしまった今、老後を楽しく豊かに過ごすためにはネガティブ思考を捨てることが不可欠だと気づき、いかに前向き思考を身につけるかがもっぱらの関心事です。

趣味:かたづけ、舞台鑑賞全般、語学の勉強、ロングブレスの実践、大人から始めたバレエ

経歴:公立学校音楽教師歴12年、専業主婦歴15年

Calender


11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

おすすめBooks

百田尚樹:カエルの楽園(新潮社)

青山繁晴:ぼくらの死生観 英霊の渇く島に問う 新書版「死ぬ理由、生きる理由」(ワニ・プラス)

TAKESUMI

昭和レトロパーク 湯布院昭和館-ALWAYS-

潤いハンドクリーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。