FC2ブログ

絣(かすり)のこと

ご訪問ありがとうございます。

朝夕めっきり過ごしやすくなってきましたね。

先日、友だちの誘いで「秋のかすり祭り」(福岡県八女郡広川町:広川町産業展示会館)に行ってきました。

かねてから着物には興味があったものの、着付けを習ったことさえなければ、着物の「き」の字も知らない💧
「そのうち、時間に余裕ができたら自分で着物が着れるようになって、着物でお出かけした〜い!」と常々思ってはいるのに、「”かすり”って、こう書くんだね〜」ってな始末で・・・(ホント情けない

そんな私も友だちに誘われたおかげで、日本三大絣の一つである久留米絣に初めて接することができました。

お祭り会場には、各店舗のブースでオリジナル商品の展示即売が行われていて、着物だけでなく、エプロンやワンピース・スカートなどにアレンジされた洋服や、バッグ・文具・ランチョンマットなどの生活雑貨などなど、広いスペースに作品がずらり。


ほう・・・・


スタイリッシュで和モダンの、素敵なデザインの作品の数々に感銘を受けつつ・・・思っていたより値段がお高いのに少々驚いた私。

かすり=モンペ、
モンペ=野良着(農作業着)、
だから普通の綿生地で作られているに違いない=お安い、
というふうに勝手に思い込んでおりました💧


そもそも「絣」とは、あらかじめ染めた絣糸を使って図柄を表す技法のこと、または十字や細かい線の組合わせで描いた特徴的な幾何学模様の着物を総称していう言葉らしい。
歴史的・専門的なことなど詳しくはこちら♪日本文化いろは事典Wikipedia

普段着用といえど織物
値段が張るのは当たり前でした

ところで、高級なおしゃれ着として有名なものに「紬」がありますが、その中には、絹糸(紬糸)を用いて、”絣”技法により絣(十字)模様を緻密に織りんだものもあるというw

紬が絣模様?・・・知らなかった
(絣と紬の違い、素人にはちょっとわかりにくい💧)

母の形見&タンスの肥になってる品(私には豚に真珠)の端切れを引っ張り出してマジマジと見てみる。

tumugiwhite.jpg tumugiblack.jpg

言われてみれば、超細かい十文字模様が並んでいる。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

折角の機会なので、ワンコインの絣着物着付け体験も申し込んでみました。

私よりずっと若い女性が、懸命に着付けをしてくださいました。
帯もスルスルと手際よく上手に結び上げていきます。

これを毎日普通に着ていた昔の女性は凄い!
この面倒な着付けの手間をぜ〜んぶ含めて、「着るのが楽しい」と思えるようにならないと着物は着れないな💧

着物は日本の大切な文化の一つ
日本人に生まれたからには、一応は着られる程度の知識を身につけたいなと思いました。


インドで発祥し、東南アジア・琉球を経て伝わった「絣」
江戸後期(1800年頃)井上伝という女性によって考案された久留米絣は、日本全国へ伝播・発展していきます。「久留米絣」は国の重要無形文化財となり、伝統工芸品の指定も受け、日本の重要な文化財産の一つとなっています。

kasuri3.jpg kasuri1b.jpgkasuri2.jpgkasuri1.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 sae

管理人sae:前回東京オリンピックの年生まれ

老君(夫)1人に2太郎1姫。子育てから手が離れ、ここからの人生を楽しく豊かに過ごすため、もうそろそろネガティブ思考を捨てたい!!いかに前向き思考を身につけるかがもっぱらの関心事です。

趣味:かたづけ、舞台鑑賞全般、語学と世の中の勉強、毎日始めようとする”明日からダイエット”、大人から始めたなんちゃってバレエ

Calender


04月 | 2019年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

竹島プロジェクトに賛同しています

検索フォーム

おすすめBooks

フォルトゥナの瞳(新潮社)

カエルの楽園(新潮社)

ぼくらの死生観 英霊の渇く島に問う 新書版「死ぬ理由、生きる理由」(ワニ・プラス)

ウェルカムボード

WELEDA